FXとバイナリーオプションの違い

FXとバイナリーオプションの違い

 

FXとバイナリーオプションは、どちらもドル/円、ユーロ円などの通貨ペアを取引銘柄としており、
為替相場の動きによって損益が発生するという点において共通しています。

 

また、FX業者がバイナリーオプションを取り扱っています。

 

しかし、両者は根本的に取引ルールや損益が発生する仕組みが違います。

 

下記に、FXとバイナリーオプションの違いをわかりやすく比較してみました。

 

項目 FX バイナリーオプション
取引ルール 相場が大きく動くと利益も大きくなる。 レートが上がるか下がるか予想するシンプルなルールで、払戻しは投資金額に対して行われる。
投資資金 おおよそ3万円~数十万円を証拠金として預けておくこと。 50円や100円からの取引が可能なため少額からOK
リスクの大きさ 利益は大きいが、損失も大きくなる。投資金額以上の損失がでることがある。 負けても最初にエントリーした金額のみ。投資金額に上限があるためリスクは圧倒的に小さい
取引期間 取引スタイルによるが、1年以上の長期間に保有・運用することが多い。 最短5~10分、決済は基本的に24時間以内に行われる。
取扱い通貨 多い業者で50通貨ペア 5~10通貨ぺア
手数料 売買手数料、売買スプレッド、口座維持手数料がある。 取引の際の手数料はなし。手数料は、勝った場合、スプレッドの中からの業者の取り分のみ。
景気の影響 景気の変動幅によって利益や損失額が決まる。 景気の変動幅は問題にならない。

 

バイナリーオプションは、ペイアウト倍率が2倍前後が多いですので、勝率を上げていくことが
バイナリーオプションで勝ち続けるポイントとなります。